美白成分の主な働きは?

美白成分には、主に、
しみの原因となるメラニンの生成を抑えると言う事と、
出来てしまったしみの排出を促すという働きがあります。

とは言っても、同じ美白であっても、
成分によって働き方が異なっていますから、
その特性を活かした上で、
複数の異なる美白成分が配合されているのが
美白化粧品になるんですね。

そんな数ある美白成分の中から、
日本の厚生労働省が認可済みの「美白成分」は現在、
次の9つだそうです。

ビタミンC誘導体・・ビタミンCを肌に吸収し易くしたもの。

アルブチン・・・・・苔桃から抽出された天然成分

コウジ酸・・・・・・味噌や醤油等に含まれる麹菌由来の成分

エラグ酸・・・・・・イチゴが由来となる成分

ルシノール・・・・・北欧にあるもみの木に含まれる成分から
ヒントを得て合成された成分

リノール酸・・・・・植物油から抽出される成分

カモミラET・・・・ハーブとして知られるカモミールに含ま
れる成分

トラネキサム酸・・・抗炎症剤として使用されていた物を、美
白成分として、新たに開発した成分

プラセンタエキス・・豚の胎盤から抽出された成分。

この中の成分のほとんどに、
しみの元となるメラニンの生成を抑える働きがあり、
いくつかの成分には、
同時にしみの排出を促す成分があったり、
予防効果があったりと、様々。

もちろん、「美白成分」として表示する認可は受けていなくも、
美白に有効とされている成分も多数あります。
強力な美白成分として知られる、ハイドロキノンも
そのひとつですよね。

ひとくちに美白成分といっても、
これだけの種類がある訳ですから、
しみ対策の化粧品を選ぶ際には、それぞれの美白成分が
バランス良く配合されているものを選ぶ事が、
美白への近道になるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>