話題の美白成分、シムホワイト

昨今、最新の美白成分として大注目を浴びているのが
このシムホワイト。

これは、ヨーロッパアカマツの成分を元に開発された
新規のポリフェノールで、
この開発を成功させたのは、ドイツにあるSymrise社。
正式な商標名はSymwhite377。

このシムホワイトの美白効果とは
一体どれ程のものなのでしょうか。

シムホワイトは、メラニンが生成される過程で
不可欠とされるチロシナーゼ酵素の働きを抑えるのに、
非常に高い効果を発揮して、結果、しみが出来るのを
予防してくれるのだそう。

そこで、その効果のほどがどれ程のもかを測る為、
シムホワイトと、一般的な美白成分として知られる
アルブチン、そして、美白と言えば忘れてはならない
美白を超えた、漂白成分であるハイドロキノンの3つを
比較実験した結果、何と、
チロシナーゼ酵素を最も抑制できたのは、
シムホワイトで、その効果は
ハイドロキノンの2100倍にも上り、
アルブチンに至っては、何と、7000倍も高い効果を
発揮したというから、驚きです。

と、ここで気になるのが、肌への影響。
高い効果が期待できる半面、
刺激が強い等のデメリットも持ち合わせている
ハイドロキノンに対し、何と、このシムホワイト、
これだけ高い美白効果がありながら、
その副作用は非常に少ないのだそう。

医療現場で医薬品としても使用され、
その扱いが大変困難とされるハイドロキノンとは対照的に、
このシムホワイトは、
化粧品への配合に最も適した美白成分とも言われています。

更に、シムホワイトがこれだけ注目されている
もう一つの理由、それが、出来てしまったしみを消して、
元の白い肌へ戻すという、「美白還元作用」があるという事。

しみを消す、もしくはしみに効くとされる美白化粧品に
配合されている成分の多くには、
しみを出来にくくする働きと、
出来てしまったシミを薄くする働きはあっても、
しみ自体を消す働きは持っていないんだそう。

その上シムホワイトは、自然からの美白成分で、
低刺激となれば、これだけ注目されるのもうなずけますね。

これだけ高い効果が実証されているシムホワイトですが、
現段階で商品化されたものは少ないのが現状の様。

そんな中、ビーグレン、ドクターシーラボから、
シムホワイト配合の化粧品が発売されているそうなので、
気になる方は、要チェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加