ビタミンC誘導体って何?

強力な美白成分のひとつ、ビタミンC。
肌あれには、ビタミンCが効く、と言われるほど、
ビタミンCは、
メラニンの生成を抑えるという美白効果に加えて、
お肌の修復作用も持ち合わせているんです。

その効果は、できてしまったしみを
消す事までは出来なくても、
薄くする事は十分に期待できるほどだとか。

さて、そんなビタミンC、
美肌、美白の為には不可欠と言われる半面、
とても不安定な性質である上、そのままの状態では
肌への浸透もしにくい、と言う難点があります。

その難点を解決する為に開発されたのが
ビタミンC誘導体。

このビタミンC誘導体は、
ビタミンC単体よりも肌の角質層への浸透力が高く、
同時に、長時間、皮膚内に留まる事ができるよう、
改良された美白成分なんです。

ビタミンC誘導体には多くの種類がありますが、
水溶性と油溶性のふたつに大別する事が出来ます。
それぞれ異なった特性を持っているので、
その特性を活かせる化粧品へ配合されています。
最近では、この大別される二つの特性を併せ持つ、
新型のビタミンC誘導体も開発されていて、
その優れた特性に注目が集まっています。

さてこのビタミンC誘導体の肌への効能として、
一番に挙げられるのはやはり、美白効果ですね。

その他にも、お肌のハリを維持するために欠かせない
コラーゲンの合成を促したり、
お肌の生まれ変わりを促したりと、
美肌の為の基礎づくりのお手伝いまでしてくれるのです。

更に、最新のビタミンC誘導体は、
従来のものよりも浸透力が格段にアップしたと同時に、
ビタミンCへの変換率も優れていて、
美白効果にプラスして、
アンチエイジング効果まで期待できるというから、驚きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加