トラネキサム酸の効果とは

美白成分の一つとして挙げられるトラネキサム酸。
元々は、抗プラスミン作用のある薬用アミノ酸として、
止血剤として認可された成分だそう。

さて、このトラネキサム酸、
しみの元となるメラニンの生成を抑制する働きがある事から、

美白効果が期待できる事に加えて、メラニンの生成を活性化して、出来たしみを濃くしてしまう厄介な働きのあるプロスタグランジンというホルモンをも、抑制してくれる事から、一般に対処が困難とされる「肝斑」の治療で高い効果を発揮してくれるらしいのです。

また、高い美白効果があるという事で、しみの部分だけが白くなったり、変色したりして、まだら模様の様になってしまわないか?と不安になってしまう事もあるかもしてませんが、この成分は、しみ以外の皮膚への影響が無いと言われていますので、より自然な肌色に馴染むそうです。

しみ消し対策としては、このトラネキサム酸配合の化粧品、もしくは、外用薬等で外側からの治療もできますが、皮膚科医により、トラネキサム酸とビタミンCが配合された内服薬を処方してもらうという方法もあり、この場合は、内服して、体の内面から治療するという事になり、出来たしみに対しての効果はもちろんですが、しみが出来にくい肌に導いてくれる効果も期待できるそうなんです。

今のところ、このトラネキサム酸には、副作用は無いとされている様なので、体の内側から外側から、ダブルの効果を期待したいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加