日焼け止め化粧品の賢い使い方

しみの予防に欠かせないのがUV(紫外線)対策。

そこで活躍するのが日焼け止め化粧品。
同じ使うなら、より効果的に使いたいと思うのは当然の事。

日焼け止め化粧品には一般に、
その製品の紫外線カットの効果が
どの程度かを示す数値である
SPF値とPA値が記載されています。

この数値が高ければ高いほど、効果も高い訳ですが、
その分肌への負担も重くなるという事にもなります。
しかし、肌への負担が多きくなるのはもちろん嫌、
でも日焼けも絶対にしたくは無い、という人も多いのでは?

そこでお勧めなのが、日焼け止め化粧品を塗った後に、
パウダーファンデーションを重ね塗りすると言う方法。

この時に使用するファンデーションに、
UV効果の有無は関係なく、
パウダーファンデーションの粉体が、
紫外線を跳ね返す役割を果たし、より効果的に
UVカットが期待出来る言うもの。

この方法を使えば、
例えSPF値が低いものを使用したとしても、
十分なUVカット効果が期待できる上に、
肌への負担も最小限に抑える事ができるわけです。

この時、注意が必要なのが塗る日焼け止め化粧品の量。
商品説明等に載っている使用量、実は、
自分が思ってる量よりも結構多めなんです。
もう一度、使用量をチェックしてみましょう。

また、日焼け止め化粧品のみの使用の場合と、
パウダーファンデーションと併用した場合とでは、
前者の方が、しみが出来やすいとも言われています。

これは、日焼け止め化粧品のみの使用の場合、
塗りムラがあってもわかりずらい、
化粧崩れしても見えにくい、等の理由からだとか。

また、夏場などは特に、汗や皮脂等が原因で、
化粧崩れし易くなります。
少しでも、この化粧崩れを防止する為に、
お化粧前のスキンケアで十分に保湿する事もお忘れなく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加